たそかれのとうしぶろぐ

米国株に投資して経済的自立を実現します

仮想通貨の取引における現状のまとめ

ここ数日で仮想通貨の取引について、この業界の状況というのが分かってきたのでまとめる。

  • 仮想通貨業界の基軸通貨はBTCである
  • 現時点では、BTC、ETH、XRPが生き残りそうな感じ
  • 日本円をBTCに両替するには日本ではBitFlyerが一番信頼できそう
  • 今月にGMO、7月にはSBIがBTCに参入するので今後はそちらでもいいかも
  • BTCから別の仮想通貨への両替は poloniex という取引所が世界標準
  • でもpoloniexはDDos攻撃を受けるなど、かなり不安定な様子
  • 日本の取引所は総じて手数料が高い(xxxcheckとか・・・)
  • XRP(リップル)への両替は 日本円→JPY→XRPという手段もある
  • ただXRP/JPYは板が薄いので、日本円→BTC→XRPの方がよさそう
  • XRPはRipple社のネットワークに置くタイプと、取引所に仮想的に預ける方法がある
  • 信頼性を考えるとRippleネットワークにおけるウォレットを作るべきで、そのためには、gatehubを使うが簡単
  • 税金はかなり見解が分かれるので、益があっても日本円に変えないほうが安全かも(どうせ仮想通貨なんて数年後の話だろう)

上記を考えて私は以下の決断に至った。

  • 日本円→BTCはBitFlyerを利用
  • BTCの保管場所はBitFlyerのウォレットを利用
  • BTC→XRPの取引はpoloniexを利用。取引の際に入金・出金を行う
  • XRPの保管場所はgatehubのウォレットを利用
  • BTC→ETHはBitFlyerで行う
  • ETHの保管場所はBitFlyerのウォレットを使用
  • SBIがおそらくBTC, ETH, XRP を取り扱うだろうから、その際はSBIのウォレットで保管

 

なかなかややこしいうえに、怪しい業者もたくさんあるので取引には気を付けたいと思う

 

私の集中投資対象であるVISA, MasterCardに対する脅威となりうるため、リスクヘッジとしてある程度の仮想通貨への資金移動はしておきたい。1~2万ドルくらい?いまのところ一番脅威となりそうなのがRipple。株を買えればいいのだけれど、無理そうなのでXRPを保有するのかなぁ?それともBTCのIOUを保有するのかなぁ、などと思っている。ちょうどいまXRPはバブルな状態なので多少お祭りに参加してみるのも一興かと思い始めてもいる(そうこうするうちに高値掴みになるのがオチ)